学校News あしかび

2021. 6.14  あやめパークにて茶道部が野点をしました

 2021年6月12日、13日の2日間、本校の茶道部があやめパーク(香取市)でのあやめ祭りを盛り上げようと、野点を行いました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年は中止となったイベントだけに、自粛ムードのなかにあっても、今が見ごろのあやめをひと目見ようと、県内を中心にたくさんの観光客が訪れました。茶道部員にとっても来場者にお茶とお菓子をふるまい、日ごろの稽古の成果を発揮することができました.


12日にはあやめパークにて嫁入り船での結婚式もあり、多くの観光客の注目を集めました。13日には、前日を上回る来場者が訪れ、茶道部員もさらに忙しくも充実した時間になりました。茶道部が野点をした12,13日は天気にも恵まれ、涼やかな気候に誘われて、ひとときの憩いを求めて訪れた方も多かったようです。茶道部のみなさん、2日間、本当にお疲れ様でした。

2021. 5.17  進路見学会が行われました

 2021年5月17日、2年生を対象に進路見学会が行われました。新型コロナ感染拡大の影響を鑑み例年とは異なり、オンライン形式にて各学校の施設や授業内容を見学する形式となりました。2年生がそれぞれ事前に希望する分野を選択した学校の説明を受けました。実際に学校訪問しているかのように、各施設や授業の様子を動画にて紹介していただいたことで、学びたいことや将来の目標についてさらに興味関心が高まりました。ご多忙の中ご参加いただきました城西国際大学、ハッピー製菓調理専門学校、千葉情報経理専門学校、専門学校千葉デザイナー学院、ジェイヘアメイク美容専門学校、アイエステティック専門学校、専門学校ちば愛犬動物フラワー学園の先生方に厚く御礼申し上げます。いつの日かまた以前のようにキャンパス見学会ができることを願ってやみません。

2021. 4.30  スポーツ大会が行われました

 2021年4月30日、本校の体育館にてスポーツ大会が行われました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、例年とは異なり、学年レクを取り込んだ新たな試みで実施されました。爽やかな春の陽気の中、クラス対抗のドッジボールで親睦試合を行った後は、各学年ごとに意見を出し合って決めたレクリエーション(1学年はフルーツバスケット・ハンカチ落とし、2学年はダンスステップ講座・伝言ゲームなど、3学年はバスケットボール・ケイドロなど)で楽しみました。レクのゲームも盛り上がり、クラスの親睦も深まり、久しぶりたくさん運動した気がします。秋のスポーツ大会もあるので学年で一致団結して優勝できるように頑張りたいです。

2021. 4.19  進路講演が行われました

 2021年4月19日、LHRの時間、リクルート社による進路講演が行われました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、オンデマンドによる講演となりました。2年生を対象に行われたこの講演では、2月に行った適性診断の結果をもとに、どんな分野に興味があるか、どんな仕事に適性があるかなど、参考のひとつとして自己理解を深めていくことがテーマとなりました。「知っていることが増えてゆくことで、やりたいことが増えていく。」講師のアドバイスは、高校2年生の時間をどのように過ごすべきか、大きなヒントになりました。

2021. 4.14  生徒会オリエンテーションが行われました

 2021年4月14日、本校体育館にて生徒会オリエンテーションが行われました。新入生歓迎の意味をこめて、生徒会企画、各部活動の発表、公演、そしてスクールファッションショーが行われまれました。各部とも、新入生の入部を期待して熱のこもった発表になりました。また、ス

クールファッションショーでは、上級生が自作の浴衣、ワンピースを着てステージを華やかに彩りました。恒例となった共同製作のウェディングドレスはとりわけ印象的でした。新入生にとって楽しいひとときになったならばうれしいです。

2021. 4.7  入学式が行われました

 2021年4月7日、本校体育館にて入学式が行われました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、感染対策を実施して職員・在校生そろって新入生を迎え、滞りなく式典が挙行されました。

厳しい時節だからこそ、このような日常が貴重で、今日の日を迎えられたことはとてもうれしいことです。新入生のみなさんが、本校で大切なものをたくさん見つけ、実りある時間になりますよう応援しています。

2021. 4.1  本学園理事 佐伯清毅先生叙勲

 2021年4月1日、千葉日報の記事にて本学園理事である佐伯清毅先生の叙勲が発表されました。(読売新聞には4月2日掲載)このたびの佐伯先生の叙勲は、瑞宝小綬章の高齢者叙勲。瑞宝章は国及び地方公共団体の公務や公共的な業務に長年従事して功労を積んだ方に授与するものであり、長年、教育に携わった功績がこのたびの栄誉となりした。佐伯先生は、公立学校の教員として定年まで勤務し、県立匝瑳高校校長退職後、平成6年度より平成21年度まで本校講師として、引き続き教壇に立ち続けました。本校では、地歴公民科教員として主に日本史の授業を担当され、卒業してゆく3年生最後の授業では、詩吟でその門出をお祝いしてくださいました。通勤途中に小野川沿いの通勤路で、小野川でおぼれていたこどもを見つけ、とっさに身に付けていたズボンのベルトをさしのべて人命救助をした逸話もあります。書道、登山、スキー、ジョギング、ウォーキングなど、多趣味で風流人たる品格がいつもあふれる温柔敦厚な先生の人柄に、わたしたち職員は支えられてきました。いつも体調管理に留意し、凛とした姿勢で学校内をめぐり、授業だけでなく特別活動などの準備や後片付けなどでも職員、生徒の様子を気にかけてくださった温かさが印象に残ります。佐伯先生の叙勲をお慶び申し上げますとともに、先生のご健康、ご多幸を祈念し、長年のご尽力に感謝いたします。今後とも、本学園理事として佐伯先生とのご縁を持ち続けたいと願っております。

生徒・保護者の方へ
卒業生の方へ
就学金各種制度
事務関係のお知らせ
資料請求・お問合せ

携帯電話で右のQRコードを読み取るか下記のアドレスを入力してください。


http://www.chibahoyo.ed.jp/